世田谷・相模原・神田の歯科・歯医者なら蓮優会│根管治療

  1. 神田秋葉原デンタルクリニック

    0120-648-091ムシバゼロキレイ

  2. 世田谷通りデンタルケア

    0120-648-706ムシバナオル

  3. 女子大前歯科

    0120-648-156ムシバイチコロ

  4. 各医院駐車場完備

根管治療とは

根管治療とは

歯根(歯の根)の中には『根管』という管があり、その中には歯髄(神経や血管)が通っています。
重度の虫歯になると細菌が歯髄まで感染し、放置すると歯を失ってしまうことがあるため、感染した歯髄を取り除く必要があります。また、歯根の先に膿が溜まるなど『根尖病変』になった場合も、同様の処置が必要になります。
これを『根管治療』といい、歯髄をすべて取り除き、洗浄・殺菌した後、隙間なく薬剤を詰めて密封し、被せ物で補います。歯髄を取り残してしまうと、虫歯の再発や炎症の原因となるので、根管の中は徹底的に洗浄・殺菌する必要があります。
『歯内療法』ともいいます。
抜歯してインプラント治療を行なうこともできますが、自分の歯を残すに越したことはありません。
もし虫歯が進んでしまっても、精密な根管治療を行なえば、歯を残せる可能性があります。ただし、虫歯の進み具合、歯根の破切など、症状によっては歯を残せないことがあるので、診察したうえでご説明します。
また、保険診療の根管治療には、使用できる器具や薬剤などに制限があります。そのため、生涯口の健康を維持するためには、自費診療の根管治療を受ける方が効果的ですが、インプラント治療よりは低価格で治療を受けていただけます。

根管治療の種類

根管治療には、以下のような種類があります。

  • 抜髄

    重度の虫歯で歯髄(神経や血管)まで細菌に感染した場合に、歯髄を取る治療です。
    放置すると、歯髄が壊死して歯根の先に膿が溜まる根尖病巣ができ、症状がさらに悪化します。

  • 感染根管治療

    以前に行なった根管治療が不十分だった場合や、歯髄が壊死した場合などにできる根尖病巣の治療です。

  • 再治療

    以前に根管治療を行なっている場合、2回目以降の根管治療です。
    難しい治療となることも珍しくありません。

  • 外科的歯内療法

    歯槽骨(歯を支える骨)にまで感染が進んだ場合、歯肉を切開して歯槽骨の感染した部分や根尖(歯根の先端)を取り、密封する治療です。

根管治療の内容

精密な根管治療を行なうために、主に以下のような器具を使っています。

  • ラバーダム防湿 ラバーダム防湿

    根管治療では、根管内の無菌化が大切です。口の周りに『ラバーダム』というゴムのシートをつけ、『ラバーダム防湿』を行なうことで、治療中に唾液などが入らず、治療の成功率が高くなります。
    また、消毒の強い薬剤から歯肉を守る働きもあります。

  • マイクロスコープ(手術用顕微鏡) マイクロスコープ(手術用顕微鏡)

    根管は細く曲がりくねっており、樹枝状の非常に複雑な構造になっています。しかし、マイクロスコープを使うことで、肉眼で見えなかった部分を確認しながら、精密な根管治療を行なえます。
    また、使用中に録画することで、患者様に実際の画像を見ていただきながら治療内容をご説明できます。
    このマイクロスコープを導入している歯科医院は、国内でまだ数パーセントしかないといわれています。

  • 歯科用CT(断層撮影装置)……『プロマックス』(プランメカ社製、ジーシー社販売) 歯科用CT(断層撮影装置)……『プロマックス』(プランメカ社製、ジーシー社販売)

    根管は歯肉で覆われており、肉眼では見えない部分が多いので、治療にはレントゲン撮影が必要不可欠です。
    レントゲン撮影では平面的な画像しか得られませんが、『CT』を使うことで、歯の断面などの立体的な画像を得られ、そこからより多くの情報を把握できます。医科用CTよりも被爆量が少ないといわれています。
    自費診療で受診される患者様は、歯科用CTの撮影費用を無料とさせていただきます。

  • 器具の滅菌・消毒の徹底 器具の滅菌・消毒の徹底

    根管治療では、根管内の無菌化が大切なので、診療に使う器具の滅菌・消毒は必要不可欠です。
    診療で使う器具は、専用のパックに入れて滅菌・消毒し、治療直前に開封します。

  • 電気的根管長測定器……『デンタポート』(モリタ社製) 電気的根管長測定器……『デンタポート』(モリタ社製)

    根管治療では、正確な根管の長さを測定することが大切ですが、根管は歯肉で覆われており、肉眼では測定できません。しかし、『電気的根管長測定器』を使うことで、根管の電気的特性により、根管の長さを正確に測ることができます。

  • 根管洗浄(薬液消毒) 根管洗浄(薬液消毒)

    根管は樹枝状の複雑な構造のため、徹底的に殺菌するためには、薬液の浸透も大切です。そのため、最も効果的な方法で根管を洗浄しています。
    なお、根管治療の担当医は大学院において、根管洗浄について研究していました。※担当医の執筆論文『Spreading of root canal irrigants on root dentine.』(出典「Australian Endodontic Journal」2007 Aug;33(2):66-72.)

  • 根管貼薬(ちょうやく) 根管貼薬(ちょうやく)

    次回のご来院までの間の感染を防ぐため、根管内に薬剤を入れます。しかし、その薬剤が人体に影響を及ぼすことが報告されているので、安全で殺菌効果の高い水酸化カルシウム剤を使っています。

  • 根管乾燥 根管乾燥

    根管を薬液で洗浄したら、再感染を予防するために乾燥することが大切です。根管の入り口は微細なので、通常よりも小さい、極小の特殊な器具を複数使います。

  • 根管充填(じゅうてん) 根管充填(じゅうてん)

    根管内を徹底的に洗浄・殺菌したら、再感染しないように、隙間なく薬剤を詰めます。
    細く曲がりくねった複雑な構造に対応できるように、ニッケルチタン製の器具を使います。

  • MTA(歯科用セメント 保険適応外の材料)

    主に、歯が薄くなっている部分の補強に使います。場合によっては、根管充填や外科的歯内療法の逆根管充填のときに使います。密封性や生体親和性に優れ、高い評価を得ている材料です。
    『MTA』は自費診療の材料となり、これを使う必要性は、診断や治療の結果によってご説明します。

  • う蝕検知液……キャナル・ブルー(ジッペラー社製)

    破折部位や、根管入り口の位置の確認などに使います。
    マイクロスコープを使う通常の根管治療や、外科的歯内療法に有効です。

  • GPXガッタパーチャリムーバー

    以前の根管治療で詰められていた根管充填の薬剤を、根管から取り除くときに使います。特に、硬くなってしまっているときに有効です。

根管治療の内容

根管治療の内容

根管治療は、自分の歯を残すための最も大切な治療であり、歯の寿命に直結します。この治療が不十分だと、セラミックや金などの高価な被せ物で補っても、将来的に悪化する可能性が高くなります。
つまり、歯の寿命を延ばし、適切な噛み合わせを長く維持するには、精密な根管治療が求められるのです。
根管治療は肉眼では見にくい部分があり、根管が樹枝状の複雑な構造をしているので、難しい治療になることも珍しくありません。そのため、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)や歯科用CT(断層撮影装置)を用いて精密な根管治療を行なうことが大切です。

精密な根管治療には、ラバーダム、マイクロスコープ、歯科用CT、効果的な薬剤、特殊な器具を使う必要がありますが、保険診療ではそれらを使うことができません。しかし、生涯口の健康を維持するためには、それらを使った精密な治療を行なう必要があるので、蓮優会では自費診療の根管治療をおすすめしています。
また、根管治療後の歯を割れにくくするなど、適切な状態を長く維持できるようにするため、高精度の土台や被せ物を使う治療をおすすめ しています。自費の根管治療の後の土台や被せ物は、原則として自費診療とさせていただきます。

自費診療の根管治療を受診される患者様は、個室で診療を受けていただきます。また、ご希望の方は、アロマの香りの中で診療を受けていただけます。

根管治療の流れ

根管治療は、主に以下のような流れで行ないます

  • 検査(問診、レントゲン・口腔内写真撮影、口腔内検査など)

  • 診断

  • 治療概要の説明、同意書・契約書の締結

  • 被せ物・土台の除去(必要に応じて)

  • 虫歯・感染した部分の除去

  • 以前の治療で使った詰め物の除去(必要に応じて)

  • 歯科用CT撮影自費診療自費
    診療

  • 根管形成・洗浄、根管洗浄

  • マイクロスコープによる根管内の確認自費
    診療

  • 根管充填

  • 根管充填後の経過確認→土台・被せ物の治療

  • 定期検診(治療後の経過確認)自費
    診療

根管治療を受ける方へ

『根管治療』は、根管から歯髄を取り除いて洗浄・殺菌し、薬剤を詰めて被せ物で補う治療で、『歯内療法』ともいわれます。自分の歯を残すための最も大切な治療であり、歯の寿命に直結します。
根管は樹枝状の複雑な構造をしているので、難しい治療になることも珍しくありません。しかし、専門医による自費診療の根管治療を受けていただくことで、生涯の口の健康維持に繋がる精密な治療を行なうことができます。
ただし、希望される方には、保険診療の範囲内でも専門医の治療を受けていただけます。

根管治療を受けていただくにあたり、以下のような注意点があります

  • 根管内の無菌化が大切

    治療中に唾液などが入らないよう、頻繁なうがいはできるだけ避けてください。
    また、口を開けていただいたままで治療するので、顎が疲れたときはお声がけください。

  • 治療回数が多い

    根管内の状況によって異なりますが、一般的に、虫歯や被せ物などの治療より、治療回数が多くなります。

  • 治療中に歯が押される不快感がある

    細い根管内を治療するので、特に根管内が硬く、曲がっている場合など、治療中に歯が押され不快に感じる可能性があります。

  • 治療により痛みや腫れが出る

    現在痛みがなくても、治療により一時的に痛みや腫れのでる可能性があります。また、もし歯根が割れていることがわかった場合には、歯を残せなくなることがあります。

  • 最善の根管治療は自費診療

    保険診療の根管治療には、使用できる器具や薬剤などに制限があります。生涯口の健康を維持するためには、自費診療の根管治療を行なうことが大切ですが、インプラント治療より低価格で治療を受けていただけます。
    現在、医療法人社団 蓮優会における自費診療の根管治療は、世田谷通りデンタルケアのみで行なっています

    費根管治療・再診料についての金額一覧はこちら
  • 専門医による保険診療の根管治療は、初回を除き30分

    専門医が行なう保険診療の根管治療は、初回を除き原則として30分とさせていただきます。自費診療の根管治療では、原則として50分とさせていただきます。
    完全予約制なので、ご予約の時間に余裕をもってご来院いただけますようお願いいたします。

  • 治療途中での放置は悪化のもと

    治療を途中のままで放置すると、痛みや腫れの出る可能性があり、進行すると歯を残せなくなることがあります。
    生涯口の健康を維持するためにも、継続的なご来院をお願いいたします。

根管治療担当医

若林 考明
歯科医師若林 考明
Wakabayashi Takayuki 診療日:水・土曜日

はじめまして。根幹治療(歯の根の治療)を担当させていただく若林 考明です。
日本では『8020運動』(80歳で20本の歯を残す運動)が推奨されています。1本でも多くの歯を残し、しっかりと物を噛む快適さや、おいしく物を食べる喜びを長く感じられるよう、治療させていただきます。

経歴
  • 神奈川歯科大学卒業
  • 神奈川歯科大学卒業 臨床研修終了
  • 神奈川歯科大学卒業 歯内療法学講座入局
  • 現在に至る
資格
  • 日本歯内療法学会
  • 日本顕微鏡歯科学会
  • 日本歯科保存学会
川津 真紀子
歯科医師川津 真紀子
Kawadu Makiko 診療日:月曜日
経歴
  • 昭和大学歯学部卒業
  • 東京医科歯科大学歯学部専攻生修了
  • 東京医科歯科大学大学院卒業
  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 非常勤講師
  • 現在、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科客員臨床講師 および非常勤講師(兼任)
資格
  • 科医師
  • 歯学博士
  • 日本歯科保存学会会員
  • 口腔医学トレーニングセンター認定医