世田谷・相模原・神田の歯科・歯医者なら蓮優会│入れ歯治療

  1. 神田秋葉原デンタルクリニック

    0120-648-091ムシバゼロキレイ

  2. 世田谷通りデンタルケア

    0120-648-706ムシバナオル

  3. 女子大前歯科

    0120-648-156ムシバイチコロ

  4. 各医院駐車場完備

DENTURES TREATMENT れ歯治療

入れ歯治療とは

入れ歯とは

入れ歯とは

『入れ歯』は、歯を失ったときにその部分を補い、歯の機能性と審美性を回復させる装置です。インプラント治療やブリッジでの治療でなくても、入れ歯を使うことで歯のない状態を避けられ、食事や会話ができます。
入れ歯には、大きく分けて以下の2つの種類があります。

  • 部分入れ歯

    歯が1本でも残っているときに使います。
    歯肉に見立てたピンク色の土台を、歯のないところに乗せ、隣の歯に留め金を掛けて支えます。

  • 総入れ歯

    歯が1本も残っていないときに使います。
    上または下の歯列が一続きになっており、歯肉に見立てたピンク色の土台と粘膜を、吸着させて支えます。

一般的に、入れ歯は「しっかり噛めない」「喋りにくい」「見た目が悪い」などのマイナスイメージを持たれることが多いようです。しかし、歯のないままにしておくと、あいたスペースに歯が倒れてきたり寄ったりして歯並びが乱れ、噛み合わせが悪くなります。そうなると細部まできちんと歯磨きできなくなり、虫歯や歯周病になる可能性が高くなってしまいます。
インプラント治療やブリッジでの治療を選択されない方は、生涯口の健康を維持するためにも、入れ歯で治療することが大切です。

入れ歯はこのような方におすすめ

入れ歯は、主に以下のような方におすすめです。

  • 外科処置を適用できない方や、半年以内に発作を起こした方など、内科的な病気をお持ちの方
  • インプラント治療に抵抗をお持ちの方
  • 費用をあまりかけずに、歯の機能性や審美性を取り戻したい方

入れ歯治療における保険診療と自費診療の違い

部分入れ歯も総入れ歯も、それぞれにさまざまな種類がありますが、大きく分けて、以下のように保険診療のものと自費診療のものがあり、両者は機能性や審美性に大きな差があります。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯

低価格ですが、使える材料などに制限があり、機能性や審美性などにこだわることができません。
食事や会話など、必要最低限の役割はきちんと果たせますが、機能性や審美性に満足されない方もいらっしゃいます。

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯

使える材料などに制限がないので、機能性や審美性などにこだわることができます。
使い心地や見た目に優れ、満足度の高い入れ歯になりますが、保険診療のものよりも高額になります。
以上の観点から、自費診療の入れ歯の方がQOL(生活の質)の大幅な維持・向上を期待できます。しかし、無理に自費診療の入れ歯をおすすめするのではなく、患者様が必要とされる機能性と審美性の程度やご予算などを重視させていただきます。
そして、患者様の症状、ライフスタイル、ご要望などから総合的に判断し、ぴったりと合う快適な入れ歯をご提供します。
入れ歯治療をご検討の方は、お気軽にご相談ください。

入れ歯治療の流れ

入れ歯治療は、主に以下のような流れで行ないます。

  • 検査・診断

    残りの歯や歯肉の状態を検査して口の現状をご説明し、その方に合った方法、期間、費用をご提案します。
    治療についてご理解いただき、治療を受けるかどうか十分ご検討ください。すべてにご納得いただけたら治療を始めます。

  • 型採り

    歯型を採り、そこに石膏を流して精密な模型をつくり、蝋(ろう)を持って噛み合わせを記録する蝋堤(ろうてい)というものを作ります。

  • 噛み合わせの確認

    噛み合わせの高さを決めるために蝋堤を装着し、人工歯や顎の位置などを記録します。それを元に蝋義歯(ろうぎし)をつくります。

  • 歯並びの確認

    蝋義歯を装着し、歯並び、噛み合わせなどを確認します。

  • 完成

    完成した入れ歯を装着し、歯並び、噛み合わせなどを確認します。

  • 微調整

    口に合うよう、微調整します。

スマイルデンチャー(ノンクラスプデンチャー)

スマイルデンチャー(ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯の金属部分が気になる方におすすめの自費診療の入れ歯治療です。
歯にかける金属フックを歯や歯茎と同じ色にすることにより、笑った時に金属が見えないようにする入れ歯です。
保険の入れ歯に比べると金属のかわりに歯や歯茎の色に合わせた柔軟性のあるプラスチックを使うため、歯や歯茎への負担も少なく、大きく口を開けて笑っても入れ歯を使っていることに気づかれません。
また、金属を一切使用しないため、金属アレルギーのある方でも安心してお使いいただけます。

入れ歯以外の治療方法

入れ歯以外の治療方法

今まで入れ歯を使ってきており、長い期間不自由を感じて過ごされた方のなかには、「入れ歯だと生活に支障をきたしてしまう」という方もいらっしゃいます。そのような方には、歯を失った部分の顎の骨に『インプラント』(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着する『インプラント治療』で、失った歯の機能性と審美性を回復されることをおすすめしています。
基本的に、歯を失った方すべてが治療の対象となります。特に、入れ歯に不自由を感じておられる方、ブリッジで両隣の歯を削りたくない方におすすめです。
インプラント治療を受けるにあたり、他院で「骨の量が少なくてインプラント治療が適応しない」と断られた方も、お気軽にご相談ください。
蓮優会では、GBR(骨の再生を促して骨量を増やす方法)などの『骨造成』、サイナスリフト(歯肉を切開して人工骨などを入れて骨をつくる方法)、ソケットリフト(歯を失った部分から人工骨などを入れて骨をつくる方法)などの『骨再生』、ボーングラフト(骨が足りない部分に骨を移植する方法)などの『骨移植』などを行なうことで、ほとんどの症例でインプラント治療を受けていただけるようになりました。
ただし、全身状態が良くない方の場合には、慎重な術前検査が必要です。
インプラント治療を受けていただくことで、QOL(生活の質)の大幅な維持・向上が期待できます。食事や会話にストレスを感じず、より快適に過ごしたいと思われている方には、おすすめの歯科治療です。


インプラント治療について